Zunda2017 Game Channel

twitchやOPENREC.tvでゲーム配信をしています。よかったらTwitterフォローしてみてください。 @ZundaZunda2017

ムクラ(ゴリラ)でもわかるtwitch Nightbotの使い方 ①タイマー(Timers)機能

今回はtwitchで多くの方が利用しているNightbotのタイマー(Timers)機能について説明します。

タイマー(Timers)機能を使うと、指定した時間の間隔で決まったメッセージを配信中のチャットに流すことができます。
例えば、twitterアカウント、ブログURLの宣伝、チャンネルのルール説明など使い方は様々です!

①NightbotにログインしTimers画面を開く

f:id:Zunda2017:20180418214919p:plain
画像の左側、下から4番目のTimersをクリックします

②新規追加の+ADDボタンをクリックする

f:id:Zunda2017:20180418215024p:plain
画像だと右上のほうにある青いボタンですね

③自分のtwitchチャットに流したいメッセージを設定する

f:id:Zunda2017:20180418215316p:plain

1.Name  
自分で追加したメッセージを識別するための名前です。特にチャット欄に表示はされないのでお好みで。

2.Message 
ここにtwitchのチャット欄に流したい本文を入れます。
今回の例だとtwitterのアドレスになっています。(文字とURLの間にしっかり半角スペースを入れないと、チャット欄から直接リンクに飛べないので注意)

3.Interval 
配信中にチャット欄に上記のメッセージを流す時間の間隔です。1分など細かく設定もできます。

4.Chat Lines
これは、自分のチャット欄で視聴者がどのくらい発言している場合にTimers機能を有効にするかの設定です。チャット欄がTimers機能で埋まってしまうのを避けるためにあります。
(ここもとりあえず弄らなくて大丈夫。私は初期設定のままです。)

5.Alias   
NightbotのカスタムコマンドをTimers機能を使って呼び出す際の設定です。
(メッセージを流すだけなら、ここも空欄で大丈夫です。)

入力が終わったらSubmitボタンを押せば完了です。

Timers機能を一時的に止めたい時はDisable、変更したい時はEdit、削除したい時はDeleteを選択していけばその後も管理できます。(②の画像参照)

④私の使用例の紹介

私の場合は、twitterのアドレス、配信の説明2つ、ブログのURLという4つのメッセージを設定しています。(②の画像を参照)
注意すべき点は、あまりTimers機能を使いすぎるとチャット欄がNightbotの発言でいっぱいになってしまうところでしょうか。
時間の間隔はそのメッセージの重要度に応じて変えていくとよいと思います。

⑤Nightbotをもっと使いこなしたい!

敬愛する「またんき」さんがtwitch配信やNightbotの設定等について自身のブログでムクラ(ゴリラ)にもわかるように解説してくれています。
そもそもNightbotの導入の仕方がわからないよ!という方、もっと使いこなしたいという方は、こちらのブログも是非参考にしてみてください。
matanki153.mynikki.jp